知っておきたい!アポハンターの役割について

実務担当者に対しての顔合わせを設定

営業の業務内容として電話コールが存在します。あらかじめリストアップしている電話番号に対して次から次へと電話をかけて、実務担当者の状況などを問います。そのうえでアポをとってあとになって営業へと向かうことになります。営業の業務のファーストステップといえるでしょう。突然に飛び込みで営業を行なうに対比させると、要領よく営業が実現します。しかしながら、現実の上でアポが取れるのは一日のうちに数件あるか否かです。営業代行のサービスのひとつにアポハンターが存在します。こうした会社は、外回りの営業社員を持つことはありません。社員は一切合切電話前で勤めています。クライアントサイドからの依頼に応じて、リストに対して電話を入れてアポイントメントを取ります。

セミナー来訪者や従来の客のバックアップ

営業の担当者は、ひとたび販売を行ったクライアントには、一定サイクルでフォローを実施します。このことより相互信頼が築けて、今後の商いにつなげられます。こうしたフォローアップを怠ってしまうと、相互信頼は崩壊します。気付かぬうちに同業他社に奪われる事になります。クライアントがフォローアップを求めているということはないですが、クライアントが大切ならとにかくしっかりとバックアップしないといけません。アポハンターというサービスを活用することになれば、クライアントへのフォローアップを要領よく行えます。従来の客であったりセミナーに参加している者に電話をかければ、クライアントの状況がわかります。本当は社員が実行しないといけませんが、時間に追われていると電話はかけられません。アポハンターに委託すれば、失念するといったケアレスミスがありません。

営業代行を行うことで、自社の人件費を削減できるだけでなく、営業による人的資源の流出を防ぐことができます。