相手に伝わる話し方が大事!!予測のための準備が売れる秘訣!!

棒読みで説明するか抑揚をつけるか

子供の時、本を音読するように言われるときがあります。みんなの前で読むのは恥ずかしいですが、勇気を振り絞って読もうとします。あまり緊張しすぎている子は、内容が分かっていないのか棒読みです。棒読みだとどこが大事なのかが分かりにくくなります。事前に内容を知っていると、大事なところに抑揚をつけて話せるので、相手に伝えやすくなります。売れない営業担当者は、ただ提案書を棒読みするだけで、お客さんに伝えられていないようです。営業代行サービスの担当者は同じ文章でもきちんと抑揚をつけて話します。重要なところは特に気持ちを込め、それほど重要でないところは軽く流すようにして話します。話し方だけでも売れ方に違いが出るのでしょう。

顧客の行動を読めるかどうか

将来を予め知る能力は誰にもありません。でも予測をしながらの行動はできます。予測なので必ずその通りにはなりませんが、過去の経験則からの予測であれば高い確率で予測に近い状態になるかもしれません。売れない営業は、どちらかといえば行き当たりばったりの営業をしています。顧客の情報もあまり調べず、とにかく挨拶をしてみようぐらいの気持ちのようです。営業代行サービスの担当者は、顧客の行動を予測しながらそれに応じた行動で商談を進めます。事前に顧客の情報をしっかり調べ、どんな要望がありそうなのかを確認しておきます。その情報があるだけで話の進め方が大きく異なります。予測ができれば、売れる可能性の低い相手に話を持って行く無駄も減ります。

会社で商品を積極的に売りたいなら、営業代行業者に依頼しましょう。営業のプロがしっかり売り上げを確保します。