適性検査の種類の特徴と導入する主なメリット

適性検査には様々なテストがあります

適性検査は客観的基準によって対象者の傾向並びに技量を知るための検査です。そして、会社の採用活動でも利用されています。適性検査によって対象者の全部が分かるわけではないですが、対象者の性格や能力を把握することができるので、能率化が必要とされる採用活動で用いられています。 適性検査も種類があり、はじめに学力を確認する為の学力テストがあります。学力テストは、数的処理から論理的思考まで検証するテストがあります。能力テストは業務につく上で欠かせない能力を測るテストになります。また、適性テストでは対象者の知的能力やパーソナリティのみならず、職業特性並びにストレス耐性を測定できます。適性テストは会社が採用予定している業務に対象者が妥当なのかを検査できます。また、性格テストは面接や履歴書から分かりづらい性格的な特性を検査することができます。

適性検査を活用する利点

適性検査を導入する利点は一定基準で為される検査で能力を測れるため、面接官の主観でなく分析的に評価を行える点です。さらに狭い角度からだけでなく、様々な面から評価できます。選考を受けることになるサイドとしても面接官の主観ではなく、一定基準で判定されるので公平性があります。また、その場の選考に効果があるだけでなく、適性検査を活用する事で人事データを効果的に集める事が可能です。人事データを保管し容易に後から検索できる利点もあります。とりわけ希望者が多くて採用のための活動に時間を掛けられない会社組織の採用の能率化の一助となります。

適性検査は、能力や性格、興味や趣味嗜好の適性を調べるために行う調査のことです。知りたい適性に応じてその検査内容は大きく変わります。