自営業を始める上で青色申告を行う理由と手続き

自営業では複式簿記の知識は必須です

自営業は、会社組織でもありますが、個人的に遂行している部分が大きいです。自営業においても人を雇うことはありますが、そうは言ってもやはり小スケールになっていることが多いです。そして、経理などは基本的に自身で行う必要があり、これがそれなりに骨が折れます。とりわけ帳簿では青色申告を行ったほうがよいわけですから、複式簿記についての専門的な知識は有していたほうが良いです。自営業者を目標にするのであれば、複式簿記は重要となります。

青色申告を行うメリット

青色申告を行なう理由は、青色申告にともなうメリットがあるためです。具体的には控除が適用されますので、自営業者にとり金銭上の大きなメリットになります。いうまでもなく税金の控除は、可能な限り有効活用することが大切になります。一方、専門的な知識を持つ必要があります。現実的にいうと簿記の必要となる知識であり、会計知識が必要になります。現在では、コンピュータで実施してよいことになっているため、それほどまで大変ではないといえます。青色申告で複式簿記の帳簿をつけることを通して、65万円の控除を受けることができます。その場合、必須条件として、税務署に申告をする必要があります。そのことは大したことはなく、申告用紙に住所及び事業者名そして、事業内容を記すだけです。申告の方法として青色申告を選んでいるいるだけですから、登録費用は不要です。理解できないことは税務署に聞けば十分に対応できます。

本部と加盟店契約をし、その土地で本部のノウハウや取り扱う商品を独占販売する形態が、フランチャイズです。双方に権利と義務が発生し、義務を果たすことで契約が成立します。