社員研修のポイント!スキルアップポイントと対象を絞って行う!

スキルを磨く社員研修はピンポイントに絞るといい

社員研修の内容は多くなくていいです。多いと結局は何も学べないということになるからです。そうならないようにポイントを絞って研修に取り入れます。ポイントの絞り方としては、スキルが1つでも獲得できることや磨けることに重点を置いた研修にするといいでしょう。スキルとして必要になるものは、社員からの聞き取りによって決めるといいかもしれません。現場で必要となるスキルを会社側が把握していない可能性もあるからです。研修内容が決まったら、ポイントをどれに絞るかを決めます。獲得に絞るのであれば、獲得できる期間を計算して確実に獲得できるようにするといいでしょう。磨くためなら、精度を上げられるように研修を設定します。反復練習をすることも含めて、実戦的な研修内容にするとスキルを磨きあげることができるでしょう。

社員研修の対象を絞ることが大事

研修の対象を広げてしまうと、同じ悩みを抱えていることが少なくなります。そうなると1つの研修内容では、全員の問題解決に役立たなくなってしまうのです。新入社員と20年目の社員が同じ研修を受けても、どちらかが得るものが少ない研修になってしまいます。同じような悩みを抱えている人に絞って研修を行った方が効果的です。年齢別、男女別、役職別などの分け方をすると、役に立つ研修を行いやすいでしょう。注意する点としては、研修を受ける人の悩みを間違えないことです。その点については個別に話を聞くといいでしょう。対象者が決まったら、話を聞いてから研修を受けてもらうかを決めます。

管理職研修は、メンタルヘルス対策やコーチングなど、部下の適切な指導のために必要な知識や身に着けさせるために有意義な機会となっています。