備品の一括計上に注意!!領収書の処理にも気を付けよう!!

パソコンなどの備品を経費にしたいとき

オフィスなどでは、パソコンは仕事に必須のアイテムになるでしょう。個人事業を行うにしても、いろいろな手続きにパソコンやその他のIT機器などを購入するかもしれません。最近はパソコンの価格も低価格化しているので、何十万円もするわけではないですが、あまり安すぎるのも心配です。もし、確定申告を白色申告で行うのであれば知っておきたいポイントがあります。それは10万円以上で購入するか10万円未満で購入するかです。固定資産は購入時に全額を費用化できず減価償却しなければいけません。白色申告者は、10万円未満なら支払いをしたときに一括で経費にできます。一度に購入したりすると10万円を超えたりするので、分けて購入するなど工夫しましょう。

経費に関する領収書は必要かどうか

会社で経理をすると、取引ごとに仕訳をしていきます。経費であれば領収書やレシート、その他経費を計上するための何らかの証憑が必要になります。資料がないと架空経費になり、税務調査などで追及される可能性があります。青色申告でも一定の資料が必要になりますが、白色申告では領収書などの資料は必要ありません。簡易な経理が認められていて、経費に関しては自己申告を中心にしています。その分青色申告特別控除などの特典が受けられないようになっています。しかし、必要ないからとなんでも経費計上するのは問題でしょう。税務調査を受けると、経費の証明を求められるときがあります。細かい領収書は不要でしょうが、金額の大きなものは残しておいた方がいいかもしれません。

所得税の申告方式の一つである白色申告は、青色申告と比較して簡単な帳簿付けでの申告が可能ですが、節税などの特典がありません。事業を始めて間もない方や、所得の少ない方がこの方式を選ぶ傾向にあります。